DSpace
English 日本語

Tokyo Keizai University Institutional Repository >
資料種別 Material type >
紀要 Bulletin >
東京経大学会誌(経済学) Journal of Tokyo Keizai University : Economics >
281号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11150/6447

Title: 「失われた20 年」における賃金と物価を巡るいくつかの論点について
Other Titles: Some Issues on Wages Prices in Japanʼs “Lost Two Decades”
Authors: 貞廣, 彰
SADAHIRO, Akira
Abstract:  日本経済は1990年代初頭以降長い期間にわたって賃金の低迷と物価のデフレに直面してきた。特に1998年以降からは賃金,物価ともマイナスの上昇率という異常な事態が長期化した。本稿はこのような世界でも稀な賃金と物価の動向をめぐる幾つかの論点のうち,次の2つを取り上げて分析することを目的とする。まず1では賃金低迷の背景をマクロの視点とミクロの視点から分析する。2では物価を巡る論点の1つである物価版フィリップス曲線の形状が下に凸になっているのはなぜかについて分析する。3はまとめである。
journaltitle: 東京経大学会誌(経済学) = The Journal of Tokyo Keizai University : Economics
Issue Date: 12-Feb-2014
Publisher: 東京経済大学経済学会
issue: 281
Start Page: 47
End Page: 70
URI: http://hdl.handle.net/11150/6447
ISSN: 1348-6403
Appears in Collections:281号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
keizai281-07.pdf2.3 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback