DSpace
English 日本語

Tokyo Keizai University Institutional Repository >
資料種別 Material type >
紀要 Bulletin >
東京経済大学人文自然科学論集 Journal of Humanities and Natural Sciences >
136号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11150/7941

Title: 社会科学系の大学生,教員,および卒業生を対象にした英語学習に関するニーズ分析
Other Titles: Needs Analysis of English Learning among Social Science Students, English Teachers, and Graduates
Authors: カレイラ松崎, 順子
MATSUZAKI Carreira, Junko
Abstract: 本研究は社会科学系の学生, 彼らに英語を教えている教員,および卒業生を対象に英語学習に対するニーズ分析を行い,学生・教員・卒業生それぞれが英語学習に対してどのような考えを持っているのか,さらに,三者間ではどのような相違点が見られるのかを調べた。その結果,以下のことが明らかになった。第一に,コミュニケーション力を高めるような英語の授業やビジネス関係の英語を学ぶ授業が学生・教員・卒業生ともに必要であると感じていることが明らかになった。第二に,学生・教員のほとんどが「文法力」を高めたい,高める必要があると思っているが,一方で卒業生は職場において「文法力」はあまり必要がないと感じていることが明らかになった。また,「TOEIC に関する試験対策」に関しても多くの学生・教員が必要であると回答していたが,卒業生は半数程度であった。すなわち,学生と教員間においてあまり相違点は見られなかったが,卒業生の職場の状況や卒業生の考えとはいくつか異なる点が見られた。
journaltitle: 人文自然科学論集 = The Journal of Humanities and Natural Sciences
Issue Date: 25-Mar-2015
Publisher: 東京経済大学人文自然科学研究会
issue: 136
Start Page: 45
End Page: 61
URI: http://hdl.handle.net/11150/7941
ISSN: 0495-8012
Appears in Collections:136号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
jinbun136-05.pdf674.62 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace